Reebok CLASSIC × HOUYHNHNM 「RE-MAG」

headerReebok
headerHynm
iconPeople

PEOPLE

三上真由 アナザーエディション バイヤー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.05.29.FRI.

DSC_8889.jpg
新たな選択肢としてのリーボック クラシック。

フェミニンでカジュアル、それでいてしっかりとトレンド感もおさえたラインナップで人気を博すセレクトショップ「アナザーエディション」。バイヤーを務める三上真由さんは、近年のスニーカームーブメントをどのように見ているのか。

「90年代のスニーカームーブメントを体験してきたので、個人的にはそこまでの驚きは無いんですよね。当時の方が、限られたモデルに対して熱狂的に盛り上がっていましたし。むしろ今は、選択肢が広がって、あらゆるモデルに目が向くようになってきていると思います。そこでジワジワと存在感を強めているのが〈リーボック クラシック〉なのかなと」

実際に今シーズンは「ベンチレーター」の別注モデルを製作。「リーボック クラシック=ポンプフューリー」という方程式は、徐々に変わりつつあるようだ。

「もちろんポンプフューリーが圧倒的に人気なのは事実です。ただ、一方でベンチレーターのようなクラシカルなランニングシューズに、目を向け始めている女性も増えてきているんですよ。単純に履き心地が良いし、ファッションとしても合わせやすいデザインですからね」

DSC_8917.jpg
DSC_8909.jpg
ベンチレーターの魅力を伝えることが、発信力に繋がってくる。

新宿の店舗では「VENTILATOR ATTAQ」に参加。別注モデルに加えインラインのモデルも豊富に取り揃え、〈リーボック クラシック〉の新たなスタンダードとしてベンチレーターを提案してきた。

「別注モデルをリリースするうえで、まずはお客様にベンチレーターがどんなモデルなのか知っていただく必要があるのかなと。歴史、デザイン、機能性、そして履き心地にいたるまで、店頭を通して伝えていくことがモデルとしての発信力に繋がってくる」

コラボレーションモデルの製作は、三上さんが担当。スニーカーとしてのファッション性と、フェミニンな要素のバランスを考慮して、色、素材、パーツを慎重に選びながら仕上げていったという。

「最初にベースの色を決めて、パステルカラーを合わせて、アクセントにビビッドなイエローを入れて。スニーカーってディテール一つで仕上がりの雰囲気が大きく変わってしまうので、いろいろ試行錯誤をしながら決めていきました。ホワイトがベースになっているので、どんなスタイルにも合わせやすいし、可愛いらしさも兼ね備えている。アナザーエディションならではの仕上がりになったかなと。ぜひ、店頭で試してみてもらいたいですね」

DSC_8931.jpg
DSC_8943.jpg
DSC_8940.jpg

シューズ:リーボック クラシック「ベンチレーター AE」¥11,000+税
トップス:アナザーエディション
パンツ:アナザーエディション

Photo_Shin Hamada
Text_Hiroshi Yamamoto

_MG_4299.jpg

MODEL NAME

ベンチレーター AE
各¥11,000+TAX

お問い合わせ

アナザーエディション ルミネエスト新宿店
住所:東京都新宿区新宿3-38-1 B1F
電話 : 03-5363-3325
www.another-edition.jp

その他のベンチレーターはこちら
banner

WHAT’S NEW

STREET SNAP

RANKING