Reebok CLASSIC × HOUYHNHNM 「RE-MAG」

headerReebok
headerHynm
iconPeople

PEOPLE

宮川治 ジャーナル スタンダード バイヤー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.04.14.TUE.

06main.jpg
知る人ぞ知る名作だったのが、いま改めて正当な評価を得ている。

ジャーナル スタンダードのバイヤーとして国内外のさまざまなブランドを目にしている宮川治さん。そんな彼が改めて〈リーボック クラシック〉に着目したのは一年前。バイイングで足を運んだニューヨークで「GL 6000」を目にしたのがきっかけだという。

「市場にレトロランニングシューズが浸透したなかで、〈リーボック クラシック〉のそれはとても新鮮な印象を受けたんです。時代にフィットしていたというか。クラシックな見た目と履き心地の良さ、ブランドの立ち位置、お手頃な価格帯、すべてがバランスよく揃っている。それで実際に次のシーズンに取り扱ってみたら、お客様の反応も上々で」

昨年の秋冬シーズンには表参道店と心斎橋店を舞台にポップアップストアを開催するなど積極的な取り組みも実施。今ではジャーナル スタンダードのスタイルを形作る重要なパーツの一つとして存在感を強めている。

「これまでは〈リーボック クラシック〉といばポンプフューリーだったんですけどね。そういった飛び道具とは違うファッション性が、〈リーボック クラシック〉のレトロランニングシューズにあったんだと思います。知る人ぞ知る名作だったのが、改めていま表舞台に出てきてようやく正当な評価を得ることができた」

DSC_1557.jpg
DSC_1561.jpg
スニーカーのカジュアル感を際立たせる。

今シーズン、ジャーナル スタンダードでは「ベンチレーター」にフォーカスしたスペシャルキャンペーン「VENTILATOR ATTAQ」への参加に加え、別注モデルも製作。双方の蜜月はより深みを増してきた印象がある。

「別注モデルに関しては、かなり直感的に配色していきました。トレンドのホワイトをベースに決めて、立体感をつけるためにオフホワイトを合わせたり、素材を変えてみたり。シューホールのプラスチックパーツとブランドロゴには発色のよい色を入れて、という具合に」

かくして完成した別注モデルは、ご覧の通り実にクリーンな雰囲気。トレンドのホワイトというよりも、普遍性を兼ね備えた仕上がりとなっている。

「スニーカーのカジュアル感を活かすためにも、なるべくクリーンなアイテムを合わせるのがお勧めですね。ジャケットにスラックスのハズしとして合わせてみたり。4月10日から始まる『VENTILATOR ATTAQ』では、この他にもさまざまなタイプが並ぶので、ぜひ店頭で見比べながら選んでもらいたいですね」

DSC_1580.jpg
DSC_1600.jpg
DSC_1593.jpg

シューズ:リーボック クラシック「ベンチレーター JS」¥11,000+税
ジャケット:MSL ビリー リード
パンツ:コベルト

Photo_Shin Hamada
Text_Hiroshi Yamamoto

JOURNAL STANDARD.jpg

MODEL NAME

ベンチレーター JS
各¥11,000+TAX

お問い合わせ

JOURNAL STANDARD 表参道
住所:東京都渋谷区神宮前6丁目7-1 電話:03-6418-7961
journal-standard.jp/

その他のベンチレーターはこちら
banner

WHAT’S NEW

STREET SNAP

RANKING