俳優・佐藤緋美、ラコステを履いて渋谷を駆けまわる。

Himi Sato with LACOSTE

いま密かに注目を集めている俳優がいる。佐藤緋美。19歳。両親は俳優の浅野忠信とシンガーソングライターのCHARA。あどけなさの残る青年だが、どこかクールな視線と落ち着いた雰囲気は年齢を感じさせない。ユース世代のひとりでもある彼が、刻々と変わる渋谷の街を舞台に〈ラコステ〉のスニーカーを履きこなす。

一見、ベーシックなこのスニーカーは、靴のサイドにあしらわれた立体的なワニのマークとストライプ状のパンチングがアクセントになっている。さり気なくヒールとソールにブランド名をあしらっているところも見逃せない。スラックスやチノパン、オーバーオールなど、幅広いカジュアルな格好に気兼ねなく合わせられるところもいい。GRADUATE 318 1 ¥13,000+TAX(ラコステお客様センター)

〈ラコステ〉ジャケット ¥53,000+TAX(ラコステお客様センター)、〈パターソン〉オーバーオール ¥23,000+TAX(アーバンリサーチ iD ルミネエスト新宿店)、〈ユニバーサル プロダクツ〉シャツ ¥22,000+TAX(1LDK)

写真は、2018年秋冬コレクションを代表するスニーカー。特徴はアッパーに無地のレザーを用いつつ、ヒールをスエードで切り替えているところ。さらに、エンボス加工で “LACOSTE” の文字をあしらうことで、バックスタイルがより際立つ、ストリート感溢れるデザインに仕上がっている。CARNABY EVO 318 6 ¥14,000+TAX(ラコステお客様センター)(ONLINE STORE

〈フラグスタフ〉コート ¥63,000+TAX(フラグスタフ)、〈ディガヴェル〉Gジャン ¥48,000+TAX、パンツ ¥25,000+TAX、ベルト ¥5,500+TAX(ディガヴェル2)、〈ディガヴェル4〉中に着たカットソー ¥13,000+TAX(ディガヴェル1)

写真のスニーカーは、90年代っぽいクラシックな雰囲気を感じさせるベルクロタイプ。サイドに型押しされたブランドロゴ、ヒールにあしらわれたゴールドカラーのワニがこの靴を引き立てている。着脱のしやすさはもとより、ユーズドのジーンズと合わせても様になるところがいい。これからの季節、ストリートスタイルにおすすめしたい一足だ。CARNABY EVO STRAP 318 3 ¥14,000+TAX(ラコステお客様センター)

〈ラコステ〉カットソー ¥10,000+TAX、ウエストバッグ ¥16,000+TAX(ONLINE STORE)(ラコステお客様センター)、〈アレッジ〉ブルゾン ¥57,000+TAX(カラーズ)、〈オールドパーク〉ラガーシャツ ¥20,000+TAX(HEMT PR)、〈ジエダ〉ジーンズ ¥23,000+TAX、キャスケット ¥10,000+TAX(キクノブ 東京)

佐藤緋美

1999年東京生まれ。俳優の浅野忠信を父に、シンガーソングライターのCHARAを母に持つ。2018年から俳優として本格的に活動スタート。10月7日から東京芸術劇場シアターイーストで上演される藤田貴大演出の『書を捨てよ町へ出よう』で初舞台にして初主演を務める。
www.geigeki.jp/performance/theater180

ラコステお客様センター

電話:0120-37-0202
www.lacoste.jp

アーバンリサーチ iD ルミネエスト新宿店
電話:03-6457-7998

カラーズ
電話:03-5778-3782

キクノブ 東京
電話:03-6455-0535

ジェットン ショールーム
電話:03-6804-1970

フラグスタフ
http://flagstuff.jp

ディガヴェル1
電話:03-5722-3392

ディガヴェル2
電話:03-6452-3220

1LDK
電話:03-3780-1645

HEMT PR
電話:03-6721-0882