COVER ALL OF GREGORY

interview24tittle
spinterview24tittle
gregory17031401

松下圭(BEAMS Press)

一昨年の〈キャプテン サンシャイン〉も交えたトリプルネーム、そして昨年のダブルネームと、〈グレゴリー〉とのコラボレーションが連続して大ヒットを記録している「ビームス」。今年40周年を迎え、国内での存在感はもちろん、海外でもますます認知度を高めている人気セレクトショップのプレスを務める松下圭さん。松下さんが愛用しているのは前述した、昨年大ヒットを記録した、〈ビームス プラス〉とのコラボレーションモデル「DAY PACK」です。

「このDAY PACKは、ボディからテープ、ジップまですべてコヨーテカラーの1トーンで別注し、ロゴも旧ロゴを使用しています。ミリタリーカラーをベースにしたミニマルなルックスがトレンドともマッチして大好評でした。ちなみに同じシリーズで”TAILMATE”も持っています。”TALEMATE”は、自分にとって初めて買った〈グレゴリー〉です。確か高校生の頃かな。当時はストリート系のファッションがすごく盛り上がっていて、身の回りの物を収めるのにちょうど良いサイズの斜めがけカバンを探していて見つけたのが、”TAILMATE”でした。古着好きの先輩たちが持っているのもよく見ていたし、間違いないだろって思って使っていました、ウッドランド迷彩のやつを」

ポケットに物を入れるのが嫌いで、外出する際はほぼ必ずカバンを持つという松下さんは、バックパックの背負い方に、あるこだわりを持っているという。

「バックパックは絶対に肩で背負いたいんですよ。高い位置で、パンパンに荷物を詰めて、ギュンギュンにストラップを締める感じで。位置高くない? とか言われがちですけど(笑)。誰ってアイコンがいるわけじゃないけど、スケーターの人たちってバックパックを高めに背負うイメージがあるんですよね。それこそ、多分ストリートで見てたんだと思うんですけど。そのイメージがずっと頭に残ってて。あのバックパックの背負い方の感じってカッコイイなって今でも思っているんです。なので、昔からずっとこの背負い方なんですよね」

gregory17031402
gregory17031403

松下さんがバトンを回すのは、〈ビームス プラス〉でバイヤーを務める柴崎智典さん。乞うご期待!

gregory17031405

バッグ:グレゴリー × ビームス プラス「DAY PACK」(私物)
ジャケット : オアスロウ × ビームス(私物)
インナー:ビームス(私物)
パンツ:ビームス プラス(私物)
スニーカー : ナイキ(私物)
キャップ:ビームス(私物)
ソックス:インフィールダー デザイン(私物)

Photo_Tatsunari Kawazu
Edit & Text_Maruro Yamashita

問い合わせ先

グレゴリー/サムソナイト・カスタマーセンター
電話: 0800-12-36910(フリーコール)
※月曜日~金曜日の10:00~17:00受付(土日祝日・年末年始は除く)
gregory.jp