COVER ALL OF GREGORY

tittle
tittle
photo

高山都(モデル、女優)

「時代に流されない、定番だからこその魅力。グレゴリーを持っておけば大丈夫か(笑)、みたいな安心感がありますよね」。

そう語るのは、タレントやモデルとしてマルチに活躍する高山都さん。フイナムでもかねてからフォーカスを当て続けている、ヒップなライフスタイルのひとつ、ランニングカルチャーの愛好家としても知られる高山さんが〈グレゴリー〉と出会ったのは高校生の頃。

「地元が大阪なんですけど、私が高校生くらいのときって古着が超全盛期だったんです。皆民族調のロングスカートを履いて、チャンピオンのスウェットを合わせるみたいなスタイルが定番みたいな感じで凄い流行っていて。その頃にグレゴリーのバッグを初めて買いました。確か古着屋で買ったのかな、小さめのデイパックっぽいやつで、色も派手な感じでアウトドアっぽいカラーリングのを」。

photo
photo

この日の高山さんのコーディネートは、スッキリとしたシルエットの上下をシックなモノトーンでまとめ、素材感でニュアンスを付け加えたスタイリング。そこに〈グレゴリー〉のアイテムが持つタフさが全体のハズしとして活かされており、〈グレゴリー〉が持つ魅力の新たな側面に気付かせてくれるスタイルだ。

「生放送の番組に出るときってだいたい資料とかが多くて、このDAY PACKみたいなタフな鞄じゃないとダメなんです。もちろんフェスも大好きだから持って行くんですけど、普段使うときは、あまり子供っぽくならないように気をつけてます。このカラーリングだと、カジュアルになり過ぎないのが嬉しいですよね。スタイリングのハズしにも使えるし」。

そして高山さんが次にバトンを回すのは、代々木上原の人気ビストロ、メゾン・サンカントサンクのオーナーシェフである丸山智博さん。乞うご期待。

photo

バッグ : グレゴリー(私物)
メガネ:オリバーピープルズ(私物)
Tシャツ : ヘインズ(私物)
パンツ : ジルキー(私物)
ブレスレット : セリーヌ(私物)
腕時計: カルティエ(私物)
シューズ : プーマ(私物)

Photo_Tatsunari Kawazu
Edit&Text_Maruro Yamashita

問い合わせ先

グレゴリー/サムソナイト・カスタマーセンター
電話: 0800-12-36910(フリーコール)
※月曜日~金曜日の10:00~17:00受付(土日祝日・年末年始は除く)
gregory.jp