STYLE

vol.5

国井栄之

ミタスニーカーズ クリエイティブディレクター

_MG_3136.jpg

共同開発モデル「TORSION ALLEGRA MITA」に込めた思い。

多数のコラボレーションプロジェクトを手掛け、国内外のスニーカーフリークから熱い視線を浴び続けている東京・上野のスニーカーショップ「ミタスニーカーズ」。この春に発売され国内外で好セールスを記録した「ZX 8000 MITA」に続いて、今シーズンは「TORSION ALLEGRA MITA」を〈アディダス オリジナルス〉と共同で開発、11月のリリースが予定されている。同店のクリエイティブディレクターを務める国井栄之氏が、このシューズに込めた思いとは?

「前回のZX 8000 MITAのカラーリングは、1990年代に誕生したEQUIPMENTシリーズのEQT SUPPORT RUNNINGの配色をモチーフにしたものでした。今回のTORSION ALLEGRA MITAではそこからさらに踏み込んで、同シリーズのシューボックスから着想を得て現代的なカラーパレットで再構築しています」

_MG_3160.jpg


「90年代のアディダスの姿勢を、僕たちなりに解釈していく」

EQUIPMENTシリーズ と言えば、1990年代当時の最高峰のテクノロジーが投入されたアディダスのトップレンジ。シューズそのものに加えて、あえてシューボックスをカラーリングのソースとして持ってくる。そんなひとヒネリ加えたマニアックなアレンジこそ、「ミタスニーカーズ」および国井氏が世界中のスニーカーフリークを熱狂させ続けられる所以かもしれない。

「1990年代のアディダスって、色使い然り、デザイン然り、個性的でチャレンジングなシューズがとても多かったんですよね。EQUIPMENTシリーズはその代表格のひとつ。それを僕たちなりに解釈したシューズを今の時代に提案できればいいかなと思っています」

_MG_3197.jpg

_MG_3226.jpg

_MG_3230.jpg

シューズ:アディダス オリジナルス フォー ミタスニーカーズ「TORSION ALLEGRA MITA」¥14,700
シャツ:ウィズ リミテッド
パンツ:ウィズ リミテッド

Photo_Kazumasa Takeuchi(STUH)
Text_Issey Enomoto

アディダスグループお客様窓口
電話:0120‐810‐654(9時30分~18時)
www.adidas.com/originals/